男性の更年期に見られる症状

男性の更年期に見られる症状とは?

更年期の症状は女性だけでなく男性にも見られ、加齢による男性ホルモン「テストステロン」の減少が主な原因です。

ホーム » 男性にもある、更年期の症状

男性にもある、更年期の症状

更年期は女性特有の症状だというイメージが強く、男性には無縁のものと思っている方がほとんどですが、最近では男性にも女性の更年期のような症状が見られることが多くなってきました。

女性の更年期は閉経による体の変化によるものが原因の一つの目安とされ、その年代に近づいてくると「これって私も更年期かも」と考えやすく、それなりに予防策も講じやすいのですが、男性は自分が更年期と結びつけて考えにくいため、症状の改善に時間がかかることも。

男性にも更年期があるということをしっかり認識しておくことが重要です。

女性と同じように男性の更年期症状にも個人差があり、全く気にならない人、日常生活に支障をきたすほどの症状に悩まされている方、それぞれですが、具体的な症状としては次のようなものがあります。

  • 疲労、倦怠感
  • 不眠
  • 無気力、イライラ、不安
  • 集中できない
  • めまい
  • ほてり、のぼせ
  • 動悸、胸の痛み
  • 頻尿
  • 性欲の低下、性機能の減退
  • 勃起不全(ED)
  • メタボ

男性の更年期症状の原因とは

男性の更年期障害の主な原因は、男性ホルモン(テストステロン)の減少にあります。20代から30代が男性ホルモン分泌量のピークで、その後は40代後半くらいから次第に減少していきます。

男性ホルモンの低下の原因となるのは加齢だけでなく、ストレスも。毎日、仕事や人間関係でストレスを抱えやすい環境にある社会人男性にとっては、更年期症状がいつ現れても不思議ではありませんね。

特に、真面目で仕事熱心、几帳面で責任感のある男性の方がいろんなことを深く考え込みやすく、更年期症状を発症しやすいのです。

男性の更年期症状の改善策とは?

男性の更年期の中で最も多い症状が「うつ状態」です。理由もなく落ち込んでしまったり、仕事に集中できなくなったり、夜中に目が覚めて眠れなくなったりなど、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。

それが原因で仕事上のミスをしてしまい社会的な地位まで失ってしまうことになっては大変です。少しでも異常を感じたら、手遅れにならないうちに更年期症状を改善することを実行しましょう。

ストレスを溜めないことが、更年期症状の特効薬

男性の更年期症状の一番の原因は、男性ホルモンのテストステロンの減少によるホルモンバランスの乱れです。

テストステロンが加齢とともに減少していってしまうのは仕方のないことですが、ストレスを溜めない生活を送ることがホルモン異常の予防になります。

ストレスをゼロにするのは難しいですが、小さなストレスを気にしないこと、ストレスを感じてきたら、発散させる方法を見つけて定期的にスッキリとすることがとても大切。

仲間と飲みに行ったり、買い物をしたり、バッティングセンターやスポーツジムで思い切り身体を動かすのも効果的です。

テストステロンの分泌量を高める方法

症状が深刻な場合は病院で男性ホルモンを補充してもらうことも可能ですが、日常生活の中で自分で簡単にテストステロンの分泌を上げられる方法もあります。

●筋肉トレーニング
筋トレによって破壊された筋肉が修復される際に、テストステロンの分泌が盛んになります。
●脂質の多い食事
バランスよい食事を基本に、肉や脂質を多めに意識して摂ることで筋肉を増やします。
●質の良い睡眠
睡眠時間をしっかり確保し、質の良い眠りを得ると、テストステロンの分泌を促進させることができます。

男性の更年期症状を、食生活で改善!

男性の更年期症状は、女性の更年期のように知られていないので、自分で更年期と気づきにくいもの。

気付かずに放っておくと症状が深刻なものになってしまうこともありますが、軽いうちならセルフケアである程度軽減することも可能です。

まずは、日常の食生活から改善を図ることがおすすめです。肥満になりやすいのも更年期の症状の一つなのですが、肥満は男性ホルモン「テストステロン」の働きを妨げてしまうので、更年期症状をさらに悪化させてしまうことになります。

ですから、肥満にならないような食生活の工夫が最も重要なのです。肥満にならないための食生活の具体的なポイントは、次のようになります。

●過食しない
当たり前のことですが、食べ過ぎないことは肥満防止の基本。腹八分目の食事を心がけ、よく噛んでゆっくりと食べるスタイルに変えて行きましょう。噛むことで満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感が得られるようになります。
●良質のタンパク質
テストステロンの分泌を高めるにはたんぱく質が不可欠ですが、肉類だとたんぱく質だけでなく脂質も多いため、取りすぎると危険。肉類を食べるなら脂の少ない鶏ささみにしたり、魚や大豆製品でたんぱく質を摂取するように工夫すると良いでしょう。
●ネバネバ食品を食べる
オクラや納豆、山芋、なめこなどのネバネバ食品は、たんぱく質を効率良く消化吸収させる働きがあります。毎食事のメニューに積極的に取り入れるようにしたいものです。
●お酒は飲みすぎない
適量のアルコールはリラックス効果もありますが、ついつい飲みすぎてしまうと睡眠の質が低下してしまいます。良い睡眠はテストステロンの分泌を高めますので、熟睡できるような適量を守ってお酒を楽しむことが大切です。

 

知って対策
カテゴリ
最新の投稿